スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月1日 旅31日目

天塩市ライダーハウス~礼文島ユースホステル桃岩荘、103km、晴れ。スタート後1カ月礼文島へ。
 サロベツ 宗谷本線 豊富駅、4両編成の指定席列車が走っていた。今迄1~2両編成しか見てなかったのでビックリ。
豊富駅で地図を見て海岸沿いの道も、稚内市に行けることがわかったので、サロベツ原生花園を見学してから海岸沿いの道に向かう。標識を見ると稚内天塩線。
サロベツ原野の真っ直ぐな道、左手は海。晴れてもいないのに道の消失点近くが蜃気楼のような感じがする。とにかく気持ちがいい、大きな声をだしたり、歌を歌ったりしてしまった。行き交うライダー達も皆手を振ってくれる、こちらも大きく手を振って返す。国道232でなくこちらの方を走って良かった。
ノシャップ岬で道路の左手側に角が大きな鹿が4頭もいた。自転車なのでしばらく様子を見る、角の大きさにはビックリした。
ノシャップ岬で
稚内市に到着、フェリーの時間確認したら礼文島行きに乗船できそう。ユースホステルが取れたので、稚内に泊まる予定を変更して礼文島に向かう。1日早く礼文島に来てしまった。
礼文島のユースホステルから見た夕日、宿泊したのは昔、きちがいユースホステルと言われたそうです。今もその伝統は続いている。この雰囲気がいいか人それぞれ、自分はちょっと という感じ。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一か月で礼文島到着とは驚異のスピードですねえ。
体力・根性ともにすごい!恐れ入ります。
礼文は今の時期、まだ花がいっぱい見れるんでしょうね。
ご堪能ください。
きちがいホテル…
破天荒のおもてなしかな?気になります

Re: No title

返事が遅くすみません、昨日は飲みすぎてしまいました。
礼文島ではGpsがきかず位置特定もできず不便な所にいました。これからブログ更新しますので見てください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。