スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月10日 西日本自転車旅68日目

今日は富山県の富山湾岸サイクリングロードを走り親不知から糸魚川市まで。直線的に走らずコース通りにクネクネ走る。親不知は道が狭く、トンネルも多く危険と言われていたが、同じ様な道路は今までもあった。走行距離129km。
 

写真の看板を見て、コース通りに走る。
 

遠くから見えた吊り橋、車専用で走れなかった。
 

しかしコース通りに走り近くまで行くと、上に行き渡れるという。エレベーターに乗り自転車を押して柱と柱の間を歩き、反対側の柱のエレベーターで降りてコース通りに進む。
 

柱間だけ人と自転車が渡ることができる。
 

今日のお昼は 埋没林博物館を見学後、隣りの海の駅で済ます、朝とれ丼といい イワシづくし丼。きときとの意味は新鮮だった。
 

サイクリングロードの終点越中宮崎駅、道を3回間違えロスを含め100kmあった。
 

明治時代に作られた第1世代の親不知の道路の岩壁、職人達の彫った文字が岩壁にある。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。