スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月28日 西日本自転車旅25日目

朝から雨が降っているが停滞せずスタート。沈下橋の写真を撮りに11km四万十川の脇の道を川上に向かう。その後は天気次第で足摺岬へ向かう、雨具を着たり脱いだりしながら岬まで行くことが出来た。土佐清水市からの13kmの半島は室戸岬と違いアップダウンの連続で足摺岬の写真を撮ったらすぐに退散、予定の道の駅に向かう。走行距離135km。

ここは四万十川の上流域になると思うが、この村で一番古い昭和10年に作られた、長さ60m程の一斗俵沈下橋。雨の降る早朝、誰もいないので自転車の写真しか撮れず。この他すぐ近くに村で一番新しい沈下橋があり、今この村に残っているのは、2ヶ所だという。

足摺岬、岬はもういい。

中浜万次郎の像前で、団体さんの合い間に撮ってもらう。足摺岬の文字がある所で撮れば良かった。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。