8月13日 西日本自転車旅71日目

長野県佐久市道の駅から自宅まで、内山峠を越えてきました。峠を越えた後は長い下り坂と平たんな道で10時半には自宅到着。今日の走行距離95km。昼から孫たちもきてくれ、お祝いの酒を飲みながら無事完走に浸りました。西日本自転車旅の走行距離6688km、昨年の自転車旅🚴とあわせて11772km。
 

内山峠を越えて荒船山を望む
 

自宅の庭でカヨさんと。
 

スタート地点に戻り日本一周 の旅終了。

8月12日 西日本自転車旅70日目

長野県の北の端栄村から佐久市の浅科地区の道の駅まで。午前中は雨が降りそうな天気で走りやすかった。晴れてきた11時過ぎ食事をとったあとは暑くて、走るのがやっと。宿泊場所がなかなか決まらず、結局道の駅になった。今日も見どころ無く走るだけ。走行距離134km。明日はゴールを目指すだけ、早寝早起きを心がけよう。

8月11日 西日本自転車旅69日目

新潟県糸魚川市から柏崎市経由長野県栄村まで走りました。柏崎市では休日ドライブにきた娘と一緒に昼食、家族との電話以外宿の手続きやコンビニの店員とのやりとりなどの会話しかしない二ヶ月強の期間、旅に出てから初めて長い会話。走行距離158km。道の駅にイベント用のテントが張ってあったので、その中にテントを設営したが夜8時ごろ雨本格的。
 

国道の隣りに20kmほどの自転車道があった。久比岐自転車道といい糸魚川市と上越市の間にある。アップダウンが少なく走りやすい。この道のおかげで150kmを超える走りが出来た。
 

休日ドライブの途中の娘とデート、柏崎市のレストランで食事。ツーショットで撮りたかったが人が来なかった。

8月10日 西日本自転車旅68日目

今日は富山県の富山湾岸サイクリングロードを走り親不知から糸魚川市まで。直線的に走らずコース通りにクネクネ走る。親不知は道が狭く、トンネルも多く危険と言われていたが、同じ様な道路は今までもあった。走行距離129km。
 

写真の看板を見て、コース通りに走る。
 

遠くから見えた吊り橋、車専用で走れなかった。
 

しかしコース通りに走り近くまで行くと、上に行き渡れるという。エレベーターに乗り自転車を押して柱と柱の間を歩き、反対側の柱のエレベーターで降りてコース通りに進む。
 

柱間だけ人と自転車が渡ることができる。
 

今日のお昼は 埋没林博物館を見学後、隣りの海の駅で済ます、朝とれ丼といい イワシづくし丼。きときとの意味は新鮮だった。
 

サイクリングロードの終点越中宮崎駅、道を3回間違えロスを含め100kmあった。
 

明治時代に作られた第1世代の親不知の道路の岩壁、職人達の彫った文字が岩壁にある。

8月9日 西日本自転車旅67日目

朝8時頃15分ほど雨具を着て走ったが、あとは今までと違い強い暑さではなかった。おかげで予定より30km以上走った。紹介されていた氷見きときと寿司を食べに片道6kmも走ってしまった。回転寿司だが値段が高い具ばかりで、お皿の色を確認して安いネタばかり食べた。マグロが回転レーンに一度も回らず、マグロを食べなかった回転寿司は初めて。
道の駅の隣りにある日帰り温泉で時間を過ごし、道の駅でテント泊。今迄と違い涼しくて雨具を着て寝る。
珠洲市から富山県氷見市まで、走行距離132km。